生活の最近のブログ記事

日本人の配偶者を持つ外国人の方が在留資格認定証明書(certificate of eligibility)
の手続きをする場合は、入国管理局(tokyo immigration office)に行く必要があります。
書式に従って記入していくのですが2点留意事項があります。ひとつは外国語で記入された場合はかならず日本語訳を添付したものを提出します。

もうひとつは原則として提出した書類は返却不可のため、再発行や再入手困難な場合は
予め窓口に申し出ることとなります。あと必要とされる提出書類以外に別途用意しなければならない資料も必要な場合があります。

ビザ専門の行政書士さんを探していたところ、六本木で評判の良い
行政書士さんを、イギリス人の友人に教えてもらいました。
イギリス人である彼は、日本にもうかなり長いこと住んでいますので、
日本語はかなりいけます。なので、実力のある行政書士さんも
彼のネットワークで直ぐに見つけてもらえました。
アルファ・サポート行政書士さんは、お願いしてよかったと思える
事務所でした。広い行政書士事務所ではないけれど、アマンダさんの
知っている難しい案件を、随分解決してくれたそうです。

強制送還された外国人がその後日本に入国できる可能性がどれくらいあるのかは、
日本で侵した法律違反の程度によります。

例えばそれが、違法薬物、つまり麻薬に関する犯罪だったり、売春関連だったり
すると、永久的に日本に入国できない可能性があります。こう考えると、売春と
いうのは重い罪なんだなということが分かりますね。

逆に1回目のオーバーステイであったりすると、5年経てば入国できる可能性は
あります。しかし、簡単ではありません。理由は簡単。一度オーバーステイした
人ですから、今度また入国を許したら、またオーバーステイをするのでは?と
入管が疑うからです。

強制送還 再入国は簡単ではないです。

日本公庫では新しい事業や既に長い期間事業を行っているような会社に対しても融資を行っています。

私の勤務している会社でもこの日本公庫の融資を活用しているそうで、毎年そのための書類を私や同僚が一緒に作成することになっています。この日本公庫から融資を得るには書類の用意が不可欠な用で事業の収支や事業計画、事業状況なども含めて申告をすることで融資を継続したり、新たに融資をしてもらえることになっています。

確実な利益につなげていくために、日本公庫などのこうした融資は欠かせないものでしょう。

日本人の配偶者を持つ外国人の方が在留資格認定証明書の手続きをする場合は、入国管理局に行く必要があります。書式に従って記入していくのですが2点留意事項があります。ひとつは外国語で記入された場合はかならず日本語訳を添付したものを提出します。
もうひとつは原則として提出した書類は返却不可のため、再発行や再入手困難な場合は予め窓口に申し出ることとなります。あと必要とされる提出書類以外に別途用意しなければならない資料も必要な場合があります。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち生活カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは仕事です。

次のカテゴリは趣味です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31